松岡昌宏「オレの中で宮沢りえさん以来」 若手人気女優を絶賛 屈託ないのに自分を「ちゃんと持ってる」

[ 2021年7月22日 15:37 ]

TOKIOの松岡昌宏
Photo By スポニチ

 フジテレビ「TOKIOカケル」(水曜後11・00)が21日放送され、松岡昌宏(44)がある若手女優について「オレの中で宮沢りえさん以来じゃね?っていうぐらい」と女優・宮沢りえ(48)にたとえて絶賛する場面があった。

 「TOKIO」が3人体制になり、番組もリニューアルされてはや4カ月近く。メンバー3人が“豪華芸能人だらけの特製アルバム”としてこれまで出演してくれたゲストについて振り返る中、あるページになった際に松岡が口を開いた。

 「この人って不思議な人じゃない?もう、オレの中で宮沢りえさん以来じゃね?っていうぐらいの…屈託のない、計算のない…でも自分はちゃんと持ってるっていう…」と松岡。国分太一(46)も「確かにそうだねぇ…」としみじみと受けた。

 「『絵しりとり』やってる時の永野芽郁ちゃん、半端ねぇ可愛いよね」と、5月19日放送回にゲストだった女優の永野芽郁(21)の様子を思い出して目尻を下げる松岡。城島茂(50)も「楽しんでるよね」とし、3人そろってすっかり“お父さん目線”になっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月22日のニュース