立川談笑 独演会で復帰 甲状腺乳頭がん手術「皆さんも検診を受けて」

[ 2021年6月14日 05:30 ]

 甲状腺乳頭がんと診断され、甲状腺の摘出手術を先月31日に受けた落語家の立川談笑(55)が13日、東京・国立演芸場での独演会で復帰、入院時のエピソードも交えながら元気に3席を演じた。

 「声が出ます」と話し、大きな拍手を受けた談笑。検査で腫瘍は58ミリもあったが、声帯をつかさどる神経などに影響なく切除されたという。談笑は終演後、取材に「声を失う覚悟もしていたので、本当にうれしい。肺の検診をきっかけに悪性腫瘍が見つかったので、皆さんも検診を受けてください」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月14日のニュース