EXIT、7月にソニーミュージックからアーティストデビューを発表「社会問題斬ってます」

[ 2021年6月14日 22:41 ]

お笑いコンビ「EXIT」のりんたろー。(左)と兼近大樹
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹(30)とりんたろー。(35)が14日放送の日本テレビ「しゃべくり007」(後10・00)に出演。7月よりソニーミュージックからアーティストデビューすることを発表した。

 兼近は、今回のデビューのきっかけを「りんたろー。さんが、よく自作PVを自分に送り付けてきて。過去の彼女との確執みたいなのをラップにして。しかも、個人YouTubeで流したりしてるんです」と話し、共演者を驚かせる。これに、りんたろー。は「『コイツら音楽やりたいんだ』って思ってくれる人がいて。『マジ、ありがとう』ってなって」と、笑顔で報告した。

 曲のテーマについては「ちょっと社会問題を斬ったりする」というコンビ。自身らで作詞も担当しているそうで、兼近が「『コロンビアがアメリカ大陸を訪れる』ってフレーズを考えました」と、ドヤ顔で話すと『あっ、コロンブスか…』」と、あわてて訂正し笑わせる。りんたろー。が「『なぁ人類?ギリギリアウト承知』みたいな感じ」と口ずさむと、MCの上田晋也(51)から「まあ、本人は気分良さそうだからいいや」とツッコまれ、苦笑していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月14日のニュース