吉川美代子アナ 高齢者への新型コロナワクチン優先接種に「安心安全にはならないかなっていう気がします」

[ 2021年6月14日 17:48 ]

フリーアナウンサーの吉川美代子
Photo By スポニチ

 元TBSでフリーアナウンサーの吉川美代子(67)が14日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に生出演。高齢者へ優先して行われている、新型コロナウイルスワクチンの接種についてコメントした。

 番組では新型コロナウイルスワクチンついて取り上げ、大阪の大規模接種会場と中継を繋ぎ、会場内で予診や接種、経過観察が行われている様子も紹介した。

 MCでフリーアナウンサーの宮根誠司(58)から「まずは吉川さんが接種の日にちが決まったということで…」「日にちが決まって、打つのが決まると気持ち的に楽ですか」と振られた吉川は、「実際に個人の感想なんですけれども、宣言下にあろうが解除されたとしても、少なくとも家の近所だったり、地元の商店街の人の多さというのは、コロナ前の水準に戻っちゃってる気がするんですよね」とコメント。「ですからいくら高齢者が全国で3割とか4割やったとしても、やっぱり20代、30代とかの経済を支えている中心の方たちが3割、4割やっていかないと本当の、政治家の方やみなさんが言う安心安全にはならないかなっていう気がしますね」と続けた。

 吉川は5月17日に同番組に出演した際に、ワクチン接種の予約が開始した5月10日には電話やネットでは予約をすることができず、翌11日の午前3時に24時間受付をしているネットにアクセスしたところ、予約が取れたと明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月14日のニュース