小林亜星さんCMソング作曲の企業 追悼と感謝の声続々 日立製作所、明治、サントリー、ブリヂストン

[ 2021年6月14日 19:00 ]

作曲家の小林亜星さん
Photo By スポニチ

 「北の宿から」や数々のCMソングを手掛けた作曲家の小林亜星(こばやし・あせい)さんが5月30日、心不全のため東京都内の病院で死去した。所属事務所などが14日、明らかにした。88歳。東京都出身。小林さんがCMソングを手掛けた企業から追悼の声が相次いだ。

 小林さんがCMソング「日立の樹(この木なんの木)」を作曲した日立製作所は「小林亜星さんには、弊社のCMソング『日立の樹』の作曲を手掛けていただきました。今では多くの方々にもお聴きいただいており、また、日立グループの顔とも言えるCMソングとなりました。1973年にCMソングが誕生してから約48年、長きにわたるお力添えに深く感謝いたしますとともに、衷心よりお悔やみ申し上げます」と哀悼。

 小林さんがキャンディー菓子「チェルシー」のCMソング「チェルシーの唄」を作曲した明治は「このたびは、突然の訃報に驚いています。小林亜星さんの素敵な『チェルシーの唄』の支えがあって、チェルシーも皆さんに愛される商品に育ったと思っています。ご冥福をお祈りします」は楽曲の力に感謝した。

 小林さんがウイスキー「サントリーオールド」のCMソング「夜がくる」を作曲したサントリーホールディングスも「小林亜星先生がつくられた名曲『夜がくる』とともに、日本のウイスキー文化は花開き、定着いたしました。先生のご功績に感謝するとともに、心からのご冥福をお祈りいたします」とウイスキー文化への貢献に謝意。

 小林さんがCMソング「どこまでも行こう」を作詞・作曲したブリヂストンは公式ツイッターで「ブリヂストンのCMソングとして作詞・作曲していただいた『どこまでも行こう』は、発表から50年以上経った現在も、皆さんに愛され続けています。本当に素敵な楽曲をありがとうございました。心よりご冥福をお祈りいたします」としのんだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月14日のニュース