嵐 20周年記念ライブ映画が上海で初上映 松潤サプライズメッセージ「恩返しができたら」

[ 2021年6月14日 07:00 ]

映画「ARASHI Anniversary Tour 5 × 20 FILM “Record of Memories”」
Photo By 提供写真

 昨年末で活動を休止した嵐の20周年記念ライブの記録映画「ARASHI 5×20 FILM」(監督堤幸彦)が12日夜(現地時間)、中国の上海国際映画祭で世界初上映された。東京、韓国・釜山と並びアジア最大規模を誇る映画祭で、全5回の上映を予定。約2000枚のチケットは即完売する人気ぶりだった。

 12日の上映前には、松本潤(37)のメッセージ映像がサプライズで上映された。突然スクリーンに松本が登場すると、観客200人は大興奮。松本は「皆さま、こんにちは。僕たち嵐は20年に中国でコンサートをする予定だったのですが、中止することになりました。この上映をもってファンの皆さんへ少しでも恩返しができたらと思っています」と中国語を交えながら思いを語った。

 映画の基となっている記念ライブは、2018年11月から19年12月にかけて開催。今作用の特別ライブを19年12月23日に東京ドームで行い、125台ものカメラを使って収録された。

 松本は「実際のコンサート会場にいるような生の臨場感が再現されています」と自信の表情。「僕たち嵐と、同じ空間で、同じ時間を共有しているかのような最高の映像体験ができる特別なライブ映画になっています。今から思い切り、楽しんでいただけたらうれしいです!」と呼び掛けた。

 また嵐と一体になれる。日本公開の日時は未定だが、記録映画のお披露目はファンの心を沸かせるうれしいニュースとなった。活動休止中も“嵐”はやまない。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月14日のニュース