石橋貴明「うたばん」の嵐“下克上コント”秘話語る「中居への『恨みつらみ』を代弁してもらおうと…」

[ 2021年2月18日 23:26 ]

石橋貴明
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(59)が18日放送のTBS「櫻井・有吉THE夜会」(木曜後10・00)に出演。「嵐」の櫻井翔(39)と約10年ぶりの共演を果たし“下克上コント”の秘話を語る場面があった。

 「嵐」は石橋がMCを担当していた「うたばん」に30回も出演。そこで、石橋が大野智(40)に耳打ちし、中居正広(48)への不満をぶちまける“下克上コント”は大きな話題を呼んだ。

 きっかけについて聞かれた石橋は「台本にも、もともとなかったんだよね。なぜか匂ったんだよ、大野くんが。スタジオでもあんまりしゃべらなかったんだよね。でも、絵をかくのはすごくうまいし『この人、角度を変えてみたらすごく面白くなるんじゃないかな』って」と考えたという。

 「あと中居正広がね、ジャニーズの後輩が来ると収録が長いのよ。それで、ずっと思っていた“恨みつらみ”を大野くんに代弁してもらおうと。中居が先輩風を吹かしてるときに『そんなこと言ったって、お前は口パクだろ?』って入れると面白いんだよね」と懐かしんでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月18日のニュース