岡田将生 鶴瓶のファンに対する“神対応”明かすも…「まだ喋るのか、師匠早く行こうよって」

[ 2021年1月20日 17:30 ]

岡田将生
Photo By スポニチ

 俳優、岡田将生(31)が19日放送の日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」(火曜後9・00)にゲスト出演。同番組のレギュラーを務める落語家・笑福亭鶴瓶(69)の“神対応”を明かすも、ボヤきを付け加えスタジオの笑いを誘った。

 番組名にからめて、自身の「仰天ニュース」を問われた岡田は、鶴瓶の言動に驚いたと告白。2018年、NHKドラマ「昭和元禄落語心中」で落語家役を演じたことから、「すごく落語にハマった」という岡田。鶴瓶の落語会を鑑賞、本人と食事する機会があったと説明した。

 落語会終了後、会場周辺には出待ちするファンの姿が。岡田は「車に乗ったら師匠のファンの方が待たれていて。車から降りてファンの人と握手をして」と、鶴瓶が丁寧に対応していたことを明かした。番組MC・中居正広(48)は「信じられない」と驚きの様子だ。

 鶴瓶とファンの会話は盛り上がっていたそうだが、岡田には戸惑いも。「そこでお話が始まってしまうんで…。すっごく長いんですよ、まだ喋るのか、まだ喋るのかって思って。師匠、早く行こうよって」と、笑いながら振り返った。このトークに鶴瓶は、苦笑しきり。頭を下げて「すいません」と返していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月20日のニュース