爆問・田中 脳梗塞で入院、過去には…ミスチル桜井、星野源、長嶋茂雄氏らが脳疾患から回復

[ 2021年1月20日 21:40 ]

爆笑問題の田中裕二
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二(56)が20日、頭痛のため東京都内の病院に救急搬送され、前大脳動脈解離によるくも膜下出血、脳梗塞と診断され、入院したと同日夜、所属事務所「タイタン」が公式サイトで発表した。幸い大事には至らず、1週間入院し、その後も1カ月ほど静養する。

 芸能界では過去に「Mr.Children」の桜井和寿(50)が2002年7月に小脳梗塞を発症。約半年間音楽活動を休止して治療に専念し、復帰した。また、歌手で俳優の星野源(39)は12年末にくも膜下出血を発症。2度の手術で克服し、歌手や俳優などマルチに活躍している。大橋未歩アナウンサー(42)は13年1月に軽度の脳梗塞を発症。後遺症は残らず、啓発活動にも取り組んでいる。

 歌手の西城秀樹さんは03年と11年に脳梗塞を発症。16年間にわたって闘病し仕事復帰も果たした。18年に急性心不全で63歳で他界したが、葬儀にはファンら1万人以上が集まり、改めて功績の大きさを示した。

 スポーツ界では巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(84)は04年3月に脳梗塞で倒れたが、厳しいリハビリに積極的に取り組み、驚異的な回復を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月20日のニュース