遠野なぎこ 宣言下でも緊張感の足りない状況に感情爆発 「人のせいばかりにしてんじゃないよ!」

[ 2021年1月20日 22:37 ]

女優の遠野なぎこ
Photo By スポニチ

 女優の遠野なぎこ(41)が20日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)に出演。2度目の緊急事態宣言後の動きに対して持論を語った。

 遠野は政府のアクションについて「すべてが遅すぎるし、国民との温度差がありすぎますよね。Goto(トラベルで)どんどん(観光に)行ってください…どんどん(人が)増えちゃいました…ハイ、緊急事態宣言ですって…ちょっとバカなんじゃないの?って思いますし」と吐露。失態続きの政府に対し、深くため息をついた。

 さらに菅首相らの会食の件についても触れた遠野。「ホントに心からガッカリしてますし、自分たちに関係ないからヌクヌクしたところで物言えますけど…」とまくしたてた。

 遠野の怒りはまだまだ収まらず。麻生財務相の「一律10万円はするつもりない」発言を受けてか、「緊急事態で今回は給付金出せませんて…バカじゃないの!」と吐き捨てた遠野。「だってさ、そんなの国民に死ねって言ってるようなもんじゃん!」「どんだけコロナ禍で職業失って自殺をしている…こんなに増えてるってことを分かっていない!」と訴えると、遠野は思わず涙ぐんだ。

 さらにヒートアップした遠野は、菅政権に対し「(安倍政権から引き継いで準備万端のはずなのに)なんでこんなに(対応が)遅くなっているのか、なんで我々ばかりが我慢しなくちゃいけないのか、これだけ不安におもわされなくちゃいけないのか」と文句が止まらなかった。

 国民に対しても、遠野は「今回(の宣言下では)、街に出ている人たち多い訳でしょ。インタビューとかで緊急事態宣言のね『雰囲気が薄い』とかおっしゃってるけども」と前置きすると、「でも、違うんですよ。自分たちの頭ん中で、自分たちの気持ちん中で“緊急事態宣言”出しなさいよ!」「『雰囲気が薄い』とか人のせいばかりにしてんじゃないよ!」「もう国に頼れないよっていうのを、よく分かっておかないと、こんなの、もっと、もっと、もっと、(感染者が)増えるばかりですからね!」と畳みかけた。

 MCの垣花正アナ(49)は遠野が見せた魂の叫びを目の当たりにし「まさに遠野さんみたいに、これぐらい気持ちを込めて政治家の方が訴えるのが大事なんじゃないかな」と評価。遠野はまだ足りぬとばかりに、国民に対し「“いつまで待てばいいの”じゃないんだって。自分たちが頑張んなきゃいけないんだって。私たち一人ひとりが…何、人のせいにしてるんでしょうかね」と、奮起を促していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月20日のニュース