尾崎世界観 芥川賞受賞逃し無念も小説愛は不変「やっぱり小説が好きだ」

[ 2021年1月20日 18:32 ]

尾崎世界観
Photo By スポニチ

 人気バンド「クリープハイプ」のボーカル、ギターの尾崎世界観(36)が20日、自身の公式ツイッターで、「第164回芥川賞」の候補だった著書「母影」が受賞を逃したことについてコメントした。

 「メンバーと一緒に待ちました!結果は残念だったけれど、またここから頑張ります」と、メンバーとの集合ショットとともにツイート。受賞こそ逃したものの、「応援してくださった皆さん、本当にありがとう。やっぱり小説が好きだ。(もちろん音楽も!!!)」と、小説と音楽への変わらぬ熱意をつづった。

 尾崎は16年発表の「祐介」で小説家デビュー。今回は4年ぶりに発表した小説で、自身初めて芥川賞にノミネートした。芥川賞は宇佐美りん氏(21)の「推し、燃ゆ」が受賞した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月20日のニュース