ぺこぱ松陰寺「見ている景色が違う」 将来大物になりそうな“第7世代”の芸人を予想

[ 2021年1月20日 11:17 ]

「ぺこぱ」の松陰寺太勇
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ぺこぱ」の松陰寺太勇(37)が19日放送のテレビ朝日「ロンドンハーツ」(火曜後11・15)に出演。お笑いトリオ「四千頭身」の後藤拓実(23)を将来「大物になっていそう」と絶賛する場面があった。

 この日、番組では「芸人未来予想図」と題し、出演したお笑い芸人同士で「大物になっていそう」な人物を予想するという企画を行った。

 松陰寺は後藤のことを「第7世代と言われる芸人の中で一番ハングリーな目をしている」と表現。「売れっ子となった今でも漫才と向き合い、売れっ子として不利な状況を超え『M―1』ラストイヤーに優勝する未来が見える」と予想した。

 続けて予想の根拠となるエピソードを披露。「いっしょに営業に行った時も、営業で『M―1』のネタを試したりとか。これだけ忙しくて知名度もあるのに『M―1』を獲りに行くガッツって、『M―1』が終わった後も必ず生きてくる」と後藤の姿勢を褒めちぎり、「僕らとは全然見ている景色が違う」と今後のさらなる飛躍に太鼓判を押した。

 後藤1人を絶賛していた松陰寺だったが、「それは後藤に(だけ)感じるの?」と後藤の相方の石橋遼大(24)と都築拓紀(23)についても問われると、「2人とも頑張っているんだけど…。2人は自分たちが輝ける場所を探していけばいいと思う」と優しくフォローをして笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月20日のニュース