MBSの三村景一社長 「ちちんぷいぷい」「ミント」放送終了に言及 「更地にして新しい番組をスタート」

[ 2021年1月20日 16:11 ]

MBS外観
Photo By スポニチ

 毎日放送の三村景一社長(66)は20日、新春社長会見で情報番組「ちちんぷいぷい」「ミント」を終了し、3月29日から新番組「よんチャン TV」(仮、後3・40)がスタートすることを発表。「ミント」は3月5日で終了。「ちちんぷいぷい」は同8日から特番「フィナーレスペシャル」企画を放送して、12日に最終回を迎える。

 新番組は、河田直也アナウンサー(46)がパーソナリティ、大吉洋平アナウンサー(35)がニュースキャスターを務める。三村社長は「4月にラジオ社が独立。テレビもタイムテーブルを大改編します。コロナで当たり前が当たり前でなくなった時代。全部見直そうと。ちちんぷいぷい、ミント(の時間帯)を再編。更地にして新しい番組をスタートさせることになりました」と説明した。

 1999年10月にスタートした「ちちんぷいぷい」は、昨年9月に放送5000回を迎えた。22年間の歴史に幕を閉じる。また、「ミント!」終了後は午後1時55分からCBCテレビ制作の生放送情報番組「ゴゴスマ」を編成(3月15日スタート)。また、「サワコの朝」(土曜前7・30)の3月末での終了も発表した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月20日のニュース