橋下徹氏 中止、延期イベントへの政府支援策と飲食店協力金の隔たりに「支援の仕方詰める必要がある」

[ 2021年1月20日 20:48 ]

橋下徹氏
Photo By スポニチ

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)が20日、自身の公式ツイッターで、中止、延期になったイベントの事業者に最大2500万円を補助する政策について私見を語った。

 補助対象は、緊急事態宣言の期間中にコンサートや展示会、遊園地などでのイベントを中止、延期した事業者。橋下氏は記事を引用し、「飲食店に置き換えれば、家賃などの固定費用への支援にあたる」と解説した。

 一方で、「飲食店の場合には上限が月額180万程度」と、額に大きな隔たりがあることを指摘。「特措法改正案の支援の仕方についてもっと詰める必要がある」と、補償についてより詳細な議論をする必要性を訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月20日のニュース