アンジャ児嶋 ザキヤマの“無茶ぶり20分”にブチ切れ 殴りかかった後…2人で震えていたワケ

[ 2021年1月20日 09:39 ]

アンジャッシュ・児嶋一哉
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉(48)が19日深夜放送のテレビ東京「あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~」(火曜深夜1・30)に出演。アンタッチャブル・山崎弘也(44)に何度も無茶ぶりされて怒った過去を明かした。

 営業先でアンタッチャブルと仕事をしたとき、エンディングで山崎が締めのあいさつを無茶ぶりしてきたそう。児嶋がなんとか対応しても「からの~?」と、しつこくボケを要求。そのやりとりは20分も続いた。「ずっと色々あったから。溜まりに溜まってたっていうのもあるんだけど」「ウケないし、ウケて『今、終われるな』ってところもあったのに続けるから、12分目ぐらいで『後で殴ろう』って思った」という。

 「それで、殴りかかったところを柴田(英嗣)が止めたりっていうのがあって。あいつ(山崎)も、俺がまさかこんなに怒ると思ってないから、楽屋に震えながら謝りにきて『す、すいませんでした』みたいな」。児嶋は「気をつけろよ、お前」と注意しつつも、人を殴った経験がないため体は震えていたといい「2人とも震えてた」と笑っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月20日のニュース