東野幸治 思わず代弁「どいつもこいつも浮気しやがって」

[ 2020年2月9日 15:25 ]

東野幸治
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの東野幸治(52)が9日放送の関西テレビ「マルコポロリ!」(日曜後1・59)に出演。不倫騒動の渦中にある俳優の東出昌大(32)の共演者のマネジャーの気持ちを代弁する場面があった。

 女優の唐田えりか(22)との不倫が発覚し、妻で女優の杏(33)と別居していることが明らかになった東出についてトークを展開。女優の長澤まさみ(32)が主演を務め、東出はメーンキャストとして出演する映画「コンフィデンスマンJP―プリンセス編―」の公開を5月に控えていることも取り上げた。

 東野は同作に出演する俳優の小手伸也(46)も昨年不倫騒動が持ち上がったことに触れ、「長澤まさみさんのマネジャーだったら、何ちゅーやつらやって思う。どいつもこいつも浮気しやがってって」とチクリと刺した。

 東出は唐田とのLINEでのやり取りが見つかり、杏に不倫関係がバレたともされていることから、落語家の月亭八光(42)は「とりあえず、LINEを辞めることですね。やり取りを辞めるべきだと今さらながらアドバイスを送りたい」と東出にアドバイス。さらに、八光が「こんだけ男前だったら仕方がない」ともらすと、お笑いタレントのほんこん(56)は「バレへんかったら良かった」とも。これには、同局の村西利恵アナウンサーは「女性は(浮気は)分かります」としたうえで「東出さんばかり叩かれていて、ホンマに生まれたてのカワイイ子どもがいて、そんな状況で3年も浮気するってよっぽど居場所ないんかなって」とフォローする場面もあった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月9日のニュース