田中みな実、ピエール瀧出演作話題も「マイナスの意味なんじゃないか」 作品を「まっすぐ見られなくなる」

[ 2020年2月9日 11:24 ]

フリーアナウンサーの田中みな実
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの田中みな実(33)が9日放送のTBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に生出演。コカインを摂取したとして麻薬取締法違反罪で有罪判決を受け執行猶予中の「電気グルーヴ」のピエール瀧(52)が、映画やネット配信ドラマで復帰することについて言及した。

 田中は「ネット配信系のものとか映画っていうのは、見るか見ないかの選択ができるものだから、お出になるのはかまわない」と私見。一方で、「“ピエール瀧さんが出る”っていうので話題になっている」と出演作品の取り上げられ方について触れつつ「それって話題になっていても、マイナスの意味なんじゃないかなって思う。見るとっかかりになるもの、と言われるとそうじゃなくて、ただ単に、もともと良い作品で良いキャストなのに、そこに傷がついて作品をまっすぐ見られなくなっちゃうと思う」と続けた。

 ただ「仕事しないでくれっていうわけではない。例えば、彼だけのファンに向けたもの、音楽活動とかだったら、メディアを介さなくても活動できる」。演出家でタレントのテリー伊藤(70)が「でも一緒じゃないですか、音楽もテレビも映画も」と指摘したが「でもそれって共演者も巻き込んでるから…」と引き下がらなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月9日のニュース