関口宏 異例の検事長人事に「過去には1度も例がなかったそうなんですが…」

[ 2020年2月9日 10:50 ]

関口宏
Photo By スポニチ

 タレントの関口宏(76)が9日、MCを務めるTBS「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に出演。黒川弘務東京高検検事長(62)の定年が国家公務員法に基づき半年間延長された異例の閣議決定について言及した。

 政府は1月31日、今月7日に定年を迎える黒川検事長の任期を8月7日まで延長すると閣議決定した。検察庁法は定年を検事総長が65歳、それ以外の検察官は63歳と規定している。

 関口は「黒川氏、今の官邸と近く、特に菅官房長官と近い関係と見られています。検察官の定年延長、過去には1度も例がなかったそうなんですが、何か政権と検察がね、どうなってるんだろう」と疑問を投げかけていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月9日のニュース