カンニング竹山 不倫報道で叩きすぎの風潮に苦言「1回間違い犯した人は社会復帰できないのか」

[ 2020年2月9日 11:22 ]

お笑いタレントのカンニング竹山
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのカンニング竹山(48)が9日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。続く、芸能界での不倫報道に苦言を呈した。

 6日発売に「週刊文春」で女優の鈴木杏樹(50)と俳優の喜多村緑郎(51)の不倫が報じられた件について議論を展開。今回だけでなく、俳優の東出昌大(32)と女優の唐田えりか(22)など、芸能界で不倫報道が続いている件で意見を述べた。

 竹山は「不倫は男が悪いんです」とキッパリ。そのうえで「メディアとかで一方の方向で叩きすぎちゃっているので、このままいくと、不倫とか何か間違いを起こした人を排除しようという世の中の流れになっている」と指摘。「あまりにも行き過ぎている。1回間違い犯した人は社会復帰できないのかって流れになっている」と続け、「世間のゴシップに対しての表現の仕方を考えないと」と苦言を呈した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月9日のニュース