光ったロンブー淳のプロデュース力 吉本闇営業問題で対照的な復帰

[ 2020年2月9日 13:15 ]

会見するロンドンブーツ1号2号の田村淳(左)と田村亮(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 【芸能 覆面座談会】2020年の芸能界も衝撃ニュースで幕を開けました。おしどり夫婦の代表格だった東出昌大(32)と杏(33)の離婚危機が発覚。東出と唐田えりか(22)の3年にわたる不倫も明らかになりました。世間を騒がせたニュースの舞台裏に、おなじみの覆面メンバーが迫ります。

 ワイドデスク 昨年6月から続いた闇営業問題も一段落だね。謹慎処分を受けた13人の芸人のうち、最後に注目されていた雨上がり決死隊の宮迫とロンドンブーツ1号2号の田村亮は対照的な復帰になった。

 週刊誌記者 ロンブーの2人は昨年7月に亮と宮迫が吉本興業のパワハラ体質を糾弾した会場と同じ場所でライブを行い、その後に復帰会見を開いた。大成功だったけど、これまで亮をサポートし続けた相方の田村淳の存在が大きいよ。

 リポーター 当日は淳が前説も務めて空気を温めていた。報道陣もウエルカムな雰囲気。案外、亮のテレビ復帰は早い気がしたね。

 ワイドデスク あの会場選びは、淳の「ここからやり直す」という芸人としての意地が見えた。復帰時期は12月中旬くらいから水面下で進めていたと聞いたよ。

 スポニチ本紙デスク 精神的に体調を崩した亮との間に立って淳が吉本との交渉を進めてきた。愛すべき先輩である極楽山本が不祥事を起こして吉本復帰に時間がかかったことを糧に波風が立たないように根回しをきっちりした。プロデューサーとしての株はうなぎ上りだよ。

 週刊誌記者 ユーチューバーデビューした宮迫はどうなの。亮の会見の前日に謝罪動画をあげて復帰にぶつける形だった。あのネタはスポニチのスクープだったけど驚いたよ。

 本紙デスク 相方の蛍原やナインティナインの岡村らが、宮迫の“見切り発車”を引き留めていたのが分かったのでギリギリまで記事化しなかった。どこかで気持ちが変わるかもしれないと思ったんだよ。ただ、宮迫がサポートを受けている人気ユーチューバーのヒカル側の意向も強く、話題のためにあのタイミングにしたようだ。

 リポーター 宮迫は収入面を含め生活のこともあるし、致し方ないとはいえ、芸人仲間は厳しい目で見てるよね。ユーチューバーとして食べていけるレベルにはすぐになりそうだけど、テレビ復帰は遠のいた。

 週刊誌記者 「もうこれで行く」と覚悟を決めての船出だけど、周りの引き留めを聞かず、ゲリラ的に開いた昨年7月の謝罪会見と構図がよく似ている。自分で一度決めたら突き進む性格。ロンブーの会見が終わってからデビューしていたら全然違っただろうね。

 ワイドデスク 吉本との交渉も難しくなりそうだ。報告はするけど相談する相手がいなかった。淳のようなブレーンがいたらよかったのに…蛍原との雨上がり復活を見たいよね。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月9日のニュース