長嶋一茂 死生観で熱弁「死から逆算して生きてる」 松本人志は「車何台乗れるかな?」

[ 2020年2月9日 13:03 ]

松本人志(左)と長嶋一茂
Photo By スポニチ

 元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(54)が9日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。死生観について熱弁を振るった。

 ネットで話題の日めくり漫画「100日後に死ぬワニ」についてトークする中、長嶋は「死生観を確立してないと、今どうやっていきていいかわからないと思う。(死は)いつも(意識)してます」とキッパリ。「50も過ぎているので、死から逆算して今は、生きているつもりです。50も過ぎると、死がネガティブじゃないってこともだいたいわかってくる」と続けた。さらに「今をどうやって生きるかってなったら、今は悔いなく生きるしかないってなる。こういう番組に呼んでいただいて、好きなことをしゃべって、楽しかったらいいなと、日々の感覚でなると思う」とした。

 この長嶋の主張に、松本もうなずき同調。「あと、車何台乗れるかなとか考えたりする」と車の買い替え台数が気になるとし、「車は早めに変えちゃう人なので、何年間かに1台変えちゃうので、そうすると、選んでいかないと、そんなにいっぱい乗れないなって。そこまで車好きではないんやけど」と主張。最後は「悩んでいるクロコダイルのジャケット買おうかなと思った。買ってあげたほうがいいかなって」とオチをついた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月9日のニュース