中丸雄一 東出昌大と唐田えりかとの3年不倫に疑問「どうなるかって想像ついたと思う」

[ 2020年1月26日 14:26 ]

俳優の東出昌大
Photo By スポニチ

 KAT-TUNの中丸雄一(36)が26日放送の日本テレビ「シューイチ」(日曜前7・30)に生出演。女優・唐田えりか(22)との3年近い不倫が原因で、妻で女優の杏(33)と別居していることが明らかになった俳優の東出昌大(31)について言及した。

 文春オンラインの報道を受け、東出の所属事務所は22日に報道内容を「ほぼ事実」と認めつつ、「ただ今回の別居は離婚へ向かうものではなく、なんとか修復へのステップを踏むための冷却期間と聞いております。厳しい道とは思いますが、東出が夫として、父として、もう一度家族を再生するために 自らの生き方、姿勢を含めてその証を示してゆくしかないと思います。弊社としてはその道程を厳しく見守ってゆく所存です」と記した。東出は17年で唐田と共演し、3年近く不倫関係を続けていたとされている。

 司会の中山秀征(52)から「(東出と唐田が)こうやって共演しているシーンなんか見ちゃうと、いつからどうだったんだろうと(気になる)」と話を振られた中丸は「いろいろ憶測といいますか、想像するものもありますもんね」とコメント。

 そのうえで、中丸は「不思議なのは、昔から不倫はいけないものですけれども、特に最近なんかは、不倫したらどうなるかって想像ついたと思うんです。その中で3年続けたのは、どういう気持ちだったのかなって思う」と首をひねった。さらに「東出さんの事務所は、離婚に向けてではなく冷却時間だっておっしゃっていますけど、本人たち、特に杏さんはどう思っているのか、すごい気になるところではありますね」と続けた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月26日のニュース