クイーン 映画大ヒット後初来日!埼玉で日本ツアー開幕、3万人酔った!

[ 2020年1月26日 05:30 ]

さいたまスーパーアリーナで日本ツアーの開幕公演を行ったクイーン(Photo by 岸田哲平)
Photo By 提供写真

 英ロックバンド「クイーン」が25日、さいたまスーパーアリーナで日本ツアーの開幕公演を行った。18年公開の映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ブームで日本での再評価が高まって以来、初の来日。

 16年の前回来日に続き、故フレディ・マーキュリーに代わりアダム・ランバート(37)がボーカル。「伝説のチャンピオン」などヒット曲を連発したほか、日本だけの曲目として、歌詞の一部が日本語の「手をとりあって」などを披露。3万人を沸かせた。ギターのブライアン・メイ(72)は「ニッポンにまた来てとてもうれしいです」と日本語で話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月26日のニュース