新婚の三田友梨佳アナ、東出の不倫に言及「あまりにもひどい」「結婚5年のうち3年も…」

[ 2020年1月26日 22:48 ]

フジテレビの三田友梨佳アナウンサー
Photo By スポニチ

 フジテレビの三田友梨佳アナウンサー(32)が26日放送のフジテレビ「Mr.サンデー」(日曜後10・00)に生出演。女優・唐田えりか(22)との3年近い不倫が原因で、妻で女優の杏(33)と別居していることが明らかになった俳優の東出昌大(31)について言及した。

 文春オンラインの報道を受け、東出の所属事務所は22日に報道内容を「ほぼ事実」と認めつつ、「ただ今回の別居は離婚へ向かうものではなく、なんとか修復へのステップを踏むための冷却期間と聞いております。厳しい道とは思いますが、東出が夫として、父として、もう一度家族を再生するために 自らの生き方、姿勢を含めてその証を示してゆくしかないと思います。弊社としてはその道程を厳しく見守ってゆく所存です」と記した。東出は17年で唐田と共演し、3年近く不倫関係を続けていたとされている。

 今月22日に30代の会社員男性と結婚した三田アナ。フリーアナウンサーの宮根誠司(56)に「三田さん、ご結婚おめでとうございます」と祝福されてから、「結婚されたばかりですが、この(東出の不倫)報道はいかがですか」と質問を受けると、三田アナは「夫婦のことって夫婦にしか分からないことがたくさんあると思いますが、客観的に見てあまりにもひどいなと思いました」と答えた。

 「5年の結婚生活のうち3年も…裏切られても我慢してきた杏さんの気持ちを考えると、本当に心が痛くなります」と杏をおもんぱかった。

 「離婚ではなくて、あえて別居というのも、お子さんのことを思ってという部分もね。どんな決断でも杏さんを支持したいです」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月26日のニュース