声優・石川界人側“不適切発言”降板をファンに謝罪 日本酒の擬人化プロジェクト「神酒ノ尊」越乃寒梅役

[ 2020年1月22日 07:42 ]

声優の石川界人
Photo By スポニチ

 アニメ「僕のヒーローアカデミア」の飯田天哉役などで知られる声優・石川界人(26)の所属事務所は21日、石川が自身のラジオ内で一部配慮に欠けた発言があり、これが不適切と指摘され、実在の酒造銘柄をキャラクター化したプロジェクト「神酒ノ尊―ミキノミコト―」(通称みきみこ)の越乃寒梅役を降板することになった件について「応援していただいたファンの皆様には大変申し訳ございません」と公式サイトで謝罪した。

 「本人のラジオ内で一部配慮に欠けた発言があり、その発言に対して不適切との意見があったため、バンダイナムコエンターテインメント様から要請を受け、今回役を降りることとなりました。応援していただいたファンの皆様には大変申し訳ございません」

 「神酒ノ尊」はアニメや漫画などでコンテンツを展開。担当銘柄のお酒を飲みながらの晩酌配信番組もある。

 石川は2012年、アニメデビュー。14年、第8回声優アワード新人男優賞に輝いた。

 「神酒ノ尊」側も21日、石川の降板を公式サイトで発表。「越乃寒梅役の石川界人さんにつきまして、ご本人のラジオ内で一部配慮に欠けた発言があり、その発言に対して不適切とのご意見がありましたため、弊社より要請の上、越乃寒梅役を降板いただくこととなりました。後任は、高橋広樹さんにご担当いただくこととなりました。今後とも『神酒ノ尊―ミキノミコト―』プロジェクトをよろしくお願いいたします」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月22日のニュース