東京MXテレビ、ランボルギーニ問題で謝罪 企画会社に車の所有権移転されず

[ 2020年1月22日 05:30 ]

 東京MXテレビが昨年放送したバラエティー番組「欲望の塊」の優勝賞品だったランボルギーニ社製の超高級車が収録から1年たっても優勝者に届いていない問題で、同局は21日、番組内で紹介された車の所有権が企画会社へ移転されていないことを明らかにした。

 同局は公式サイトで調査結果を公表。「番組冒頭で紹介された優勝賞品である高級外車は、所有権が番組企画会社に移転されていないことが判明しました」と説明。番組企画会社へ事実確認を求めているが、連絡が取れない状況とした。

 また、同局は、この会社が優勝者に車を渡しておらず、タレントへの出演料などの支払いをしていないことも確認したと記した。「外部からの企画持ち込みおよび制作により放送したもの」とした上で、放送責任を認め、謝罪した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月22日のニュース