坂上忍 ランボルギーニ問題で「昔あった。くれないパターン」世界一周当たったのに…

[ 2020年1月22日 12:45 ]

俳優の坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(52)が22日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、東京MXテレビのバラエティー「欲望の塊」で優勝賞品のランボルギーニの高級車が収録から1年経っても優勝者に届いていない問題について言及。優勝者のホストが「放送局なので信頼していたが、まさか」と怒りの声をあげたことに対して、「たしかにショックだったと思う」と同調した。

 一方で、優勝者に賞品が届かないことについては「昔あったでしょ。くれないパターン。普通にあったよね~」と過去のテレビ業界の事情を暴露。おぎやはぎの小木博明(48)も「くれないのは、よくあった」と同調した。

 坂上は「俺なんか、クイズ番組かなんかで世界一周とか当たってんのにさ、何にもくれない。民放の…こういったところですよ。あったよね」とスタジオ中を見渡した。

 小木が「そういうのありますよ。確かに。暗黙の了解でね」とうなずくと、坂上は「何となく、こっちも弱い立場だからさ、くれるんじゃないのかな…でも、こっちからは言いづらいしなぁ、みたいな。言えなかった」と振り返った。

 さらに「賞金の時とかもあってさ。金額決まってたんだよ。そしたらさ、いざ収録始まる前にさ、(スタッフが来て)『すいません、こういう値段になってますけど3割引きで』って。テレビって、こんなもんなの?って思ったよ」と明かしたものの、MXテレビのケースについては「今は考えられないですから」と批判した。

 東京MXテレビは21日に、「番組冒頭で紹介された優勝賞品である高級外車は、所有権が番組企画会社に移転されていないことが判明しました」と説明。番組企画会社へ事実確認を求めているが、連絡が取れない状況としている。また、この会社が優勝者に車を渡しておらず、タレントへの出演料などの支払いをしていないことも確認。「外部からの企画持ち込みおよび制作により放送したもの」とした上で、放送責任を認めて謝罪した。

 「欲望の塊」は昨年1~3月に計12回放送され、極楽とんぼの山本圭壱(51)が司会を担当。2000万円相当ランボルギーニをめぐってホスト16人がゲームなどで競った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月22日のニュース