宍戸錠さん 研究重ね悪役スタイル確立 指を立て「チッチッチ」

[ 2020年1月22日 05:30 ]

宍戸錠さん死去

1994年、映画「銀座警察 武闘派刑事」の撮影完了会見に出席した宍戸錠さん
Photo By スポニチ

 映画界きってのアイデアマンだった。1960年代の「渡り鳥」「流れ者」「拳銃無頼帖」シリーズで当たり役となった“ニヒルな殺し屋”。指を立てて左右に振り「チッチッチ」と舌打ち。カウボーイハットを人さし指でチョイと突っつき、殺す前にニヤリ。“殺し屋スタイル”を確立し、キザで陽気な悪役で観客を魅了した。

 こうした役作りは研究のたまものでもあった。無名の役者時代、米国の西部劇をはじめアクション映画に没頭。一癖も二癖もある脇役にひかれ、こうした経験をヒントに演技を工夫してキャラクターにリアリティーを与えていった。主演第2作「早射(う)ち野郎」(61年)は日活宣伝部員と構想を練って生まれた日本人による西部劇。「世界早射ち第3位、0.65秒」のキャッチフレーズも話題を呼び、大ヒットした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月22日のニュース