細田善彦 裸の付き合いで佳久創と相思相愛!?「力強く肩を抱かれて…悪くないな」

[ 2020年1月22日 17:11 ]

テレビ大阪「週末 オトコ温泉同行会」記者会見に出席した細田善彦(左)と佳久創
Photo By スポニチ

 俳優の細田善彦(31)とプロ野球・元中日の郭源治(63)の次男で俳優の佳久創(かく・そう、29)が22日、大阪市内で開かれたテレビ大阪系ドラマ「週末 オトコ温泉同行会」(25日午後4・00)の記者会見に出席した。

 温泉巡りが趣味の超へ理屈な主人公・光彦(細田)と同級生で元ヤンの龍太郎(佳久)がある日、偶然再会したことをきっかけに名湯や秘湯を巡る温泉ドラマ。身長1メートル82の細田と明大時代、WTBだった元ラガーマンの佳久の入浴シーンは見どころの一つで、トヨタ自動車でプレーし、明大在学中に7人制日本代表にも選出された経験を持つ佳久の体に、細田は「裸で力強く肩を抱かれて初めて包まれる側になり、悪くないなと思った」と意味深発言。佳久も細田について「細田さんは着やせするタイプ。気付かなかったけど、脱いだら胸筋がすごいんですよ!」と絶賛し、“相思相愛”ぶりを見せつけた。

 同ドラマは全国5カ所7つの温泉が舞台。はじめはどこか壁のある2人が裸の付き合いを通じて距離が縮まったり、光彦の初恋相手の茜(小寺真理)が登場するなど温泉、友情、恋愛とバラエティーに富んだ物語となっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月22日のニュース