内村光良ポロリ「これ、やばいね」 「浅草キッド」に本番は感涙必至!?

[ 2019年12月30日 17:39 ]

<「第70回NHK紅白歌合戦」リハーサル 3日目>リハーサルに参加した司会の内村光良
Photo By スポニチ

 大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(後7・15)の3日目のリハーサルが30日に行われ、総合司会の「ウッチャンナンチャン」の内村光良(55)は紅組司会を務める女優の綾瀬はるか(34)、「嵐」の櫻井翔(37)とともにリハーサルに参加した。

 この日、行ったのはタレントのビートたけし(72)が「浅草キッド」を披露する「夢を歌おう」特別企画のコーナーの部分。たけし本人は登場せず、ダミーの曲が会場で流れた。

 同曲は、たけしが下積み時代の思い出を歌った、自身で作詞・作曲を手がけたもの。

 リハーサルで流れたダミー曲を聴き終わり、司会トークのパートになると内村は「これ、本番やばいね」と、台本になかった言葉を本音でポロリ。29日に行われた囲み取材でも「たけしさんの『浅草キッド』は本当に泣けるんです。私はお笑いなんで歌詞がそうなんです、ちょっとヤバい。そういうのもいろいろあって、緊張と楽しみが混在してます」とお笑い芸人として共感できると語っていた。

 リハーサルでもダミー曲にもかかわらず終始、感慨深い表情を見せていた内村。本番では、たけしとのかけ合いも含めて注目が集まる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月30日のニュース