キンプリ 神宮寺「いい感じ」 平野紫耀「2つの世界観を」

[ 2019年12月30日 12:44 ]

<「第70回NHK紅白歌合戦」リハーサル 3日目>取材に応じたKing & Princeの(左から)高橋海人、岸優太、平野紫耀、永瀬廉、神宮寺勇太
Photo By スポニチ

 大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(後7・15)のリハーサルが30日に行われ、2年連続2回目の出場となったKing&Princeが登場。「King&Prince ~紅白スペシャルメドレー~」を披露した。

 昨年はデビュー曲「シンデレラガール」で紅白初出場。2年連続での大舞台に、神宮寺勇太(22)は「いい感じの演出ができている。本番で皆さんにいいものを届けられるような気がしている」と自信を見せた。平野紫耀(22)は「リハーサルからも緊張感が漂っていて気が引き締まる現場になっている」と話し、パフォーマンスに向け「僕ららしさとキラキラした感じ、2曲をやらせていただくので2つの世界観を見てくださる方に伝えられたら」と力を込めた。

 一方で、岸優太(24)は「去年、出させていただいたので慣れがあるのかと思いきや、新鮮で自然と背筋が伸びる。あと、大人の方が多い」と話して笑いを誘う場面も。続けて、高橋海人(20)は「やっぱりリハーサルから緊張して、本番へ不安と楽しみがある。リラックスして臨みたい」と心境を語った。

 最後は、永瀬廉(20)が「すごいワクワクする」と興奮気味に話し「ジャニーズらしさ、King&Princeらしさを全面に出せたら。ジャニーズらしい演出も盛り込んでいるの楽しみにしていてほしい」と呼びかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月30日のニュース