壇蜜「別居してっからね」人妻初のNHK冠ラジオ「DJ壇蜜のSM」CPも脱帽の選曲「お茶の間震撼」

[ 2019年12月30日 08:00 ]

今年11月の結婚後、冠ラジオ「DJ壇蜜のSM(セレクテッドミュージック)」が初放送される壇蜜(C)NHK
Photo By 提供写真

 タレントの壇蜜(39)がパーソナリティーを務めるNHKラジオ第1「DJ壇蜜のSM(セレクテッドミュージック)」が30日午後9時5分から放送される。今年11月22日に漫画家の清野とおる氏(39)と結婚してから初のオンエア。第7弾にして初の年末放送となる。弓削哲矢チーフプロデューサーは「壇蜜さんの聡明さの源泉は恐ろしいまでの引き出しの数にあると思います。一体、彼女はいつ寝てるのか?」と、あまりに独特な選曲に驚きを隠さない。

 今月中旬に行われた収録後、司会の同局・高市佳明アナウンサー(47)が「この度は結婚おめでとうございます」と祝福すると、壇蜜は「ありがとうございます」と笑顔。高市アナが「HD、人妻壇蜜として」と続けると、壇蜜は「別居してっからね。木曜日はね、旦那がいないの」と笑いを誘った。「東京都北区赤羽」などの作品で知られる清野氏は結婚発表時に「これからも赤羽に住みつつ、くだらない漫画を描き続けていく所存」と明かしている。

 壇蜜が珠玉の選曲を行い、豊富な体験談を交えて歌詞を読み解き、歌の神髄を妄想する新感覚音楽番組。今回のテーマは「サウナで演歌編」。実はサウナ愛好家(サウナー)の壇蜜がサウナでかかっている演歌に注目し、イチオシの曲を紹介。ゲストに演歌歌手の大江裕(30)を迎える。壇蜜の台本にだけ仕込んである「袋とじ」をハサミで開け、そこに書かれた「お題」をささやき、トークを繰り広げる人気コーナー「ペロンチョぺろ~ん」も予定。

 2016年に3回放送されたラジオ第1特番「ラジオアドベンチャー奇界遺産」に、人間が生み出した奇妙な建造物や風習などを「奇界遺産」と名付けて撮影し続ける写真家・佐藤健寿氏と壇蜜が出演。その時のあまりに独特な壇蜜の選曲とエピソードが好評を博し、スピンオフとして「DJ壇蜜のSM」が誕生。17年5月に第1弾がオンエアされた。

 弓削哲矢チーフプロデューサーは「壇蜜さんの聡明さは各種メディアでもはや知らない人はいないと思いますが、その源泉は恐ろしいまでの引き出しの数にあると思います。例えば、vol.6アニメソング特集(今年8月)の彼女の選曲(1996年『VS騎士ラムネ&40炎』の『未来形アイドル』、06年『ストロベリー・パニック』の『少女迷路でつかまえて』、06年『シムーン』の『美しければそれでいい』、98年『serial experiments lain』の 『DUVET』)は、気合の入ったアニメファンを自称している私でも唸るほどの業の深さでした。一体、彼女はいつ寝てるのか?この番組でしか聴けない(かもしれない)香ばしい楽曲の数々をお楽しみいただければ幸いです」と脱帽。

 今回は満を持しての演歌特集で「おそらく今、『日本で最も日本海の荒波の似合う女』(当番組調べ)壇蜜さんの情念と、ゲストの大江裕さんの繰り出す演歌歌手ならではのトークと王道の選曲。年末のお茶の間を震撼させる『DJDM(壇蜜)SM』にご期待ください」とアピールしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月30日のニュース