「AAA」リーダー浦田直也が脱退発表 4月暴行事件で謹慎、今後は個人で活動へ

[ 2019年12月31日 00:05 ]

AAAの浦田直也
Photo By スポニチ

 4月の暴行事件(不起訴処分)で謹慎中の男女6人組「AAA」リーダー浦田直也(36)について所属先のエイベックス・マネジメントは31日をもって謹慎処分を解除するとともに、「AAA」を脱退すると発表した。

 「突然のお知らせとなりファンの皆様や関係者の方々には心よりお詫び申し上げます」と謝罪。「本人は謹慎処分以降もメンバーをはじめ、ファンの皆様や多くの方々に多大なご迷惑をおかけしたことを猛省する日々を送っており、併せて今後の活動についても考え抜いた結果、AAAを脱退する意志を固めた旨、報告がございました。弊社としても検討を重ねてまいりましたが、本人の意思が揺るぎないこともあり、今回の報告に至りました」と経緯を説明した。

 グループは脱退するが、今後は個人での活動を続ける予定。浦田は事務所を通じてコメントを発表。「二度と同じ過ちを繰り返さないという強い意思を持ちながら、これからは“浦田直也”として、いろいろな思いを自分の声に乗せ歌にして届けられるよう、一生懸命努力していきたい」と述べた。メンバーも直筆署名入りの文書で「リーダー浦田直也の意思を尊重」し、「今後もお互い前を向いて精進してまいります」とつづった。

 浦田は4月、酒に酔った状態で、客としてコンビニに居合わせた20代女性に「俺はAAAだ」と声を掛け飲食に誘ったが「知らない」と言われたことに腹を立てて暴力を振るい暴行容疑で警視庁月島署に逮捕された。その後、被害女性との間で示談が成立し、7月に不起訴処分となった。

 【浦田直也コメント】
 私、浦田直也は2019年12月31日にAAAから脱退することを報告いたします。このような形での報告となり、本当に申し訳ありません。
 メンバーをはじめ、スタッフ、関係者の皆様にご迷惑をおかけしたこと、そしてファンの皆様に悲しい思いをさせてしまったことを後悔し、反省する時間を過ごしてきました。
 今まで応援してくださった皆様には、申し訳ない気持ちと、これまで支えていただいたことへの感謝しかありません。
 二度と同じ過ちを繰り返さないという強い意思を持ちながら、これからは「浦田直也」として、いろいろな想いを自分の声に乗せ歌にして届けられるよう、一生懸命努力していきたいと思っています。
 AAAのメンバーでいられたこと、一緒に夢を叶えてきた仲間に出会えたことは僕の人生で一番の宝物です。

 浦田直也

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月30日のニュース