水森かおり 歌詞にまつわるイリュージョンを披露

[ 2019年12月30日 12:28 ]

<「第70回NHK紅白歌合戦」リハーサル 3日目>に取材に応じた水森かおり
Photo By スポニチ

 大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(後7・15)のリハーサルが30日に行われ、17年連続17回目の出場となる水森かおり(46)が登場し、「高遠 さくら路 ~イリュージョンスペシャル~」を歌い上げた。

 今年も世界的イリュージョニストのメイガス氏とのコラボが実現。リハーサルでは歌はもちろん、イリュージョンの確認も入念に行い「ほぼ完璧」と自信の出来。昨年は様々なイリュージョンをこなす中で、全身が傷だらけになったが、今回はメイガス氏の「女性だからなるべく傷をつけないように」との心遣いもあり「はるかに少ない傷」で済んだという。

 1曲の中で計5つのイリュージョンを披露することになっており、最初と最後のイリュージョンで着用するドレスは、水森のために桂由美がデザインしたもの。また、イリュージョンそれぞれが歌詞と関連性があるという。

 来年はデビュー25周年。「今回の紅白からいい形でつなげられれば。2020年は東京五輪が開催されますが、私も歌でたくさんの勇気や元気を届けられる存在でありたい」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月30日のニュース