ざこば&ますおか 山陰地方をぶらり旅 有名人と奇跡の出会いも

[ 2019年12月30日 16:00 ]

関西テレビ「とらぶる?トラベル!2019」で山陰地方を旅する(左から)増田英彦、桂ざこば、岡田圭右
Photo By 提供写真

 関西テレビ「とらぶる?トラベル!2019」(31日前9・50、関西ローカル)で、桂ざこば(72)とお笑いコンビ「ますだおかだ」増田英彦(49)、岡田圭右(51)が山陰地方を巡る。

 増田、岡田が唯一の“師匠”と仰ぐざこばと、1年の疲れを癒す男3人の気ままなぶらり旅バラエティー。14年にスタートして今回で6回目。“縁結びの神様”で知られる島根県・出雲大社へ向かう。岡田の運転で鳥取砂丘を目指した3人。到着直前に増田が「セグウェイ」の看板を発見し、直行。ざこばが「セグウェイって何?」と戸惑いながらセグウェイを初体験。行き当たりばったりの旅を楽しみながら、鳥取砂丘、砂の美術館を訪れる。

 宿泊先の玉造温泉の老舗旅館では、松葉ガニなど冬の山陰グルメを堪能。今回の旅のテーマ「ご縁」についてトークする。ざこばは47年間連れ添った妻への思いを語り、増田は若手時代を振り返って、ざこばと初めて話した時の思い出話を熱く語る。だが、ざこばに当時のことを聞くと、思いがけない返答に3人は大爆笑だ。

 2日目は旅の目的地・出雲大社へ。増田がまたも面白そうな看板を見つけ、寄り道すると、そこにはある人気タレントの姿が。たまたま島根にライブに来ていた有名人との出会いに3人は驚く。その後も訪問先で、別の有名人に遭遇。ご縁の国・島根ならではの予期せぬ出会いの連続に「まさかこんな出会いがあるとは!今回は縁がスゴイ」(岡田)と3人は興奮を隠しきれない。ようやくたどり着いた出雲大社で、3人が2020年に向けて祈願したこととは?

 ロケ収録後、ざこばは「(セグウェイに)一度乗ってみたかったので、初めて乗ることができたのもご縁。毎年楽しみにしている番組。いろんな縁に恵まれて楽しかったです」と感想を語った。増田は「今回は出雲大社だけあって、有名人の方と奇跡の出会いがあった。そのサプライズを楽しんでいただきたい」とPRし、岡田は「のんびり旅してる3人の空気感がこの番組のポイント。年末にゆったりとした気持ちで楽しんでほしい」とコメントした。岡田はこの番組効果ではないが、収録直後に再婚を発表した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月30日のニュース