綾瀬はるか こっそりけん玉に成功し、したり顔

[ 2019年12月30日 11:34 ]

紅組司会の綾瀬はるか
Photo By スポニチ

 大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(後7・15)の3日目のリハーサルが30日に行われ、紅組の司会を務める女優の綾瀬はるか(34)も、総合司会は「ウッチャンナンチャン」の内村光良(55)、「嵐」の櫻井翔(37)、紅組司会を女優の綾瀬はるか(34)とともにリハーサルに参加した。

 今年も三山ひろし(39)はけん玉の世界記録に挑戦。「望郷山河~第3回 けん玉世界記録への道~」と題し、「NON STYLE」の石田明(39)、ミルクボーイ、DJ KOO(58)、「GENERATIONS」の数原龍友(26)らけん玉オールスターズを従えての歌唱。3年連続の総合司会となる内村も「俺が司会になってからずっとけん玉やってる」と苦笑するばかり。それでも、リハーサルでは見事成功した。

 歌唱前には、最近、けん玉にハマっているという綾瀬が“とめけん”の技に挑戦する場面も。残念ながら失敗してしまい、内村の「本番に期待します」の言葉に笑いがもれた。三山の歌唱中も、オールスターズに合わせて、小皿に入れる練習も繰り返した綾瀬。歌終わりには、とめけんにも成功し、したり顔を見せ、会場の笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月30日のニュース