木村一八 かつてドラマ撮影中に逮捕、少年院へ…「今で言ったら違約金何億」も支払わず

[ 2019年12月30日 17:17 ]

2008年当時の木村一八
Photo By スポニチ

 漫才師の横山やすしさんの長男で、俳優の木村一八(50)が30日放送のフジテレビ系「人生2択クイズ!あの人今どっち!?」(後1・50)に出演した。

 木村は中学校卒業後に俳優となり、1985年にはTBS系「毎度おさわがせします」で主役に抜てきされ中山美穂と共演、17歳で歌手デビューも果たした。しかし、19歳の時にタクシー運転手に暴行し逮捕。撮影中だったTBSドラマ「疑惑の家族」から降板、所属していた吉本興業から専属契約を解消された。

 番組では「19歳でタクシー運転手に暴行し逮捕」「25歳で外国人を暴行し逮捕」「36歳で車のトランクから日本刀が見つかりまた逮捕」と“紹介”され、「3度目の逮捕から13年、木村一八は今、シャバにいる?シャバにいない?」と問題が出された。MCの陣内智則(45)が「アホか!」とリアクションしながらも、同じくMCの小峠英二(43)とともに「シャバにいる」を選択。VTRで東京拘置所を渡ったところから登場した木村は、シャバにいましたか?と聞かれ「当たり前やろ。なんちゅうとこで待ち合わせするんや!凄いこと聞いてくるなあ」と答えた。

 その後「シャバにいなかったこともある?」という質問に「そりゃあるよ。少年院」と木村。19歳でタクシー運転手を暴行した際には1年間少年院に入所していたと明かした。2度目の事件は罰金刑、3度目の事件は、模造刀だったため不起訴処分になったという。

 少年院に入った19歳当時の話では、「ちょうど大映のドラマに出ている時だったんだよね。4話とか5話しか放送していない時に、そのままいなくなったからね。今で言ったら本当に違約金何億だったかと思うよね」と語った。だが、違約金は「無いところから取れないじゃない。どうやったって。稼いでたって全部使ってたからね」と、支払わなかったことを明かした。だが、逮捕されたことについては「しまった、どころじゃないよ。初めてああいうところに隔離されたんだから」とし、少年院からの出所後には、マスコミなどから逃れるために比叡山の寺に1カ月半、かくまわれたと語った。

 また、シャバにいた方が大変か、という質問には「そらそうだよ、今で言ったら」の後、音声が消され、「有名女優S」とテロップが出、続けて「大変だと思うよ。そりゃ。入ってるほうが楽に決まってんじゃん。出てきた方が大変」と力説していた。

 現在は、任侠ものVシネマの撮影をしているという。過去の経験を生かしている?との質問には「バカじゃねえの」と一蹴も「ちょっと本当のこともあって、スタッフで経験者はいないから、そこはそうじゃないよってスーパーバイザーのようにちょっと口を出したりしている」と語った。実際、木村は任侠もののVシネマに60本以上出演。独身ながら、週末には妹で芸人の木村ひかり(39)家族と過ごしている様子も紹介された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月30日のニュース