2年連続白組司会の嵐・櫻井、後輩の初出場喜び「親戚のおじちゃんの気持ち」

[ 2019年12月30日 05:30 ]

「第70回NHK紅白歌合戦」リハーサル2日目 ( 2019年12月29日    東京・NHKホール )

司会を務める(左から)綾瀬はるか、内村光良、櫻井翔
Photo By スポニチ

 3年連続で総合司会を務める内村光良(55)は「3回目だけど慣れません。緊張が続いてます」と言いながらも、表情は落ち着いていた。乃木坂46・欅坂46・日向坂46との合同パフォーマンスも控えており「100%の力で真剣にやりたい」と意気込んだ。「できるだけ目立たないようにしたい」と話すも「衣装は私だけ宝塚的」と明かし、派手ないでたちで臨む。

 2年連続で白組司会の嵐・櫻井翔は後輩のKis―My―Ft2の初出場を喜んだ。「司会で紹介できるのがうれしい。親戚のおじちゃんみたいな気持ち」と話した。

 3回目の紅組司会となる綾瀬はるか(34)は自信たっぷり。初司会時は言い間違えのミスを連発したが「意外にも2回目は(失敗が)ゼロ!皆無でした!」と胸を張り「今回もゼロ?もちろん!」と力を込めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月30日のニュース