ワンオクTakaの弟、マイファスHiro こだわりの高額ベッド価格告白にスタジオ騒然

[ 2019年12月6日 18:07 ]

「MY FIRST STORY」のボーカルHiroに鋭い突っ込みをした「ダウンタウン」浜田雅功
Photo By スポニチ

 歌手の森進一(72)と森昌子(61)の三男で、ロックバンド「ONE OK ROCK」Taka(31)の弟としても知られる「MY FIRST STORY」のボーカルHiro(25)が、5日放送の日本テレビ「ダウンタウンDX」(木曜後10・00)に出演。自宅寝室にある高級ベッドの金額を明かした。

 MCのダウンタウン浜田雅功(56)が「Hiroはベッドにこだわっているの」と話を振ると「はい。人生の3分の1をベッドで過ごすと言われているじゃないですか。ベッドだけは一番良いものに全てをつぎ込もうと思って」と答え、自宅寝室の様子を紹介。

 ベッドはクイーンサイズで「お店に行って、1番良いベッドをくださいと聞いたら“これです”と一択だった。“これが1番いいです”と言われて値段をパッと見たら全部込みで250万円だったんです」と告白。スタジオは「えー!!」と騒然となった。

 マットレスが190万円で「寝た瞬間に凄くいいベッドだった。横に誰かが寝ているじゃないですか。隣の人が起きる時の振動が全くこないんです」と凄さを力説した。

 だが、Hiroのコメントを聞いた浜田は「既に試してるやん?それって、誰かが隣に寝てたんやろ」と鋭い突っ込み。Hiroは「まあ…そうですね」とタジタジ。松本人志(56)に「買ったのはいつですか」と聞かれると「1年前ぐらいです」と、さらに詳しい情報を公開してしまい、スタジオの笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月6日のニュース