ラーメン店経営の元バイトAKBメンバー、憧れの“神7”篠田麻里子と初対面し感涙

[ 2019年12月6日 21:04 ]

 「バイトAKB」で活躍した元アイドル梅澤愛優香(まゆか、23)が6日放送のTBS「爆報!THEフライデー」(金曜後7:00)に出演し、ラーメン店経営者に転身したことを報告。憧れという元AKB48の篠田麻里子(33)と初対面し、感涙した。

 2014年、時給制で劇場に立ち、雑用も行うという斬新なアイドル「バイトAKB」企画のメンバーに選ばれ活躍した梅澤だが、翌15年に企画が終了すると、表舞台から姿を消した。番組では「ラーメン店を経営しているが本人がやっていない」などとのSNS上の噂を紹介した上で、梅澤を直撃。彼女は、「よく言われるんですけど、全部私がやっています」と否定した。

 梅澤は「バイトAKB」企画終了後、ラーメンの鬼と称された佐野実さん(14年死去、享年63)の動画を見て感銘を受けたそう。独学でラーメンを研究し、2年間で東京・葛飾区の「麺匠 八雲本店」など4店舗を開いたという。仕込みはマンションの一室で全て一人で行っており、「繊細な調理工程なので見られたくない」と理由を説明。自ら店の厨房にも立ち、「手が荒れてます、常にあれています」と、あかぎれができた手をカメラに見せた。

 アイドル時代に憧れたのが、AKB“神7”の一人として人気を博した篠田だった。「麻里子さまに自分のラーメンを食べてもらうのは夢のようですね。来てくれるといいです」と口にした梅澤の元に、篠田がサプライズで登場。「え、え、え!?どういうことですか、意味が分からない」と驚き、涙を流した。篠田にラーメンを振る舞い「おいしい」と太鼓判を押されると、「ありがとうございます」と返答、感謝・感激の面持ちだった。

 また、誹謗・中傷に立ち向かうため、自身の名前を出さずに5店舗目となるラーメン店「味のとらや」(横浜市)をオープンしたことも明かされた。スタジオの爆笑問題・太田光(54)は「すごいね根性が」と感心していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月6日のニュース