松本零士さんが帰国「体調いい」 伊で入院も「大騒動になって驚いています」

[ 2019年12月6日 05:30 ]

帰国した漫画家の松本零士さん。イタリア北部トリノで体調不良を訴え入院していた
Photo By 共同

 「銀河鉄道999」などで知られる漫画家で、訪問先のイタリア北部トリノで体調不良を訴え入院していた松本零士さん(81)が5日午前、成田空港に到着、帰国した。車いすに乗った松本さんは体調について「極めていいです。国に帰ってきてうれしい」と報道陣に話した。

 その後、自身の事務所を通じて「自分が気付かない間に、大騒動になっていて正直驚いています。しっかり検査してもらい、体調が万全になりましたら、また近々皆さまとお会いしたいと思っています」とコメントを出した。

 松本さんは代表作の一つ「宇宙海賊キャプテンハーロック」がイタリアで放送開始40年を迎えた記念のイベントに出席するため、トリノを訪れていた。11月15日、現地で突然具合が悪くなり病院に搬送された。現地メディアが一時「脳卒中の疑い」「深刻な状況」などと報じたが、事務所関係者は「報道されたほど、危険な状態ではない」と話していた。現地の病院関係者によると、肺炎などを患っていたが回復し、今月4日に退院した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月6日のニュース