アインシュタイン稲田、シミュレーションした整形手術代にスタジオ騒然 金額の桁が…

[ 2019年12月6日 20:23 ]

「アインシュタイン」稲田直樹
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「アインシュタイン」の稲田直樹(34)が6日放送の関西テレビ「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。自身の顔にまつわる秘話を明かした。

 番組では共演者の元AKB48でタレントの小林香菜(28)が整形手術を決意した理由や、整形費用を告白。「AKBグループにいるとみんなかわいい。埋もれていっちゃうので」といい、目や顎(あご)、おでこなど「整形は10回以上やった。目だけだったら50万円いってないぐらいです」と説明した。

 容姿について話を振られた稲田は「番組のロケで整形シミュレーションを受けたことがあるんです」と切り出し「僕、高校生の時に目元が中村獅童さんに似ているって言われまして。それで獅童さんみたいになるにはいくらかかりますかと聞いたら、1200万円かかると言われて」と衝撃告白。

 「その金額は性転換手術より高いそうで、首から上を全部変えなアカンみたい」と話してスタジオを笑わせた。

 MCの上沼恵美子(64)は「でも、いい世界に入ったよね。売れてきてご両親もよかったなと思いますし、君の見た目は不思議なもんで、売れてくると慣れてくるねん」と稲田に語りかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月6日のニュース