おぎやはぎ矢作兼 チュート徳井の申告漏れにあ然「パニックよ」「想像の上行った」

[ 2019年10月25日 09:24 ]

おぎやはぎの矢作兼
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼(48)が24日深夜放送のTBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」(木曜深夜1・00)に生出演。7年間で計約1億2000万円の申告漏れを東京国税局から指摘されたお笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44)について「意味が分かんない」「想像の上行ったよね」と驚きの声を上げた。

 今週あったさまざまな話題に話を広げる中、矢作は「一番大きなのは徳井さんだけどな」と徳井の話題に。それでも「そんなに話すことないよなぁ」とポツリ。2人でいた楽屋で見ていたニュースで知ったといい、小木博明(48)は「最初はもう『うわっ』って思った、信じられなかった」としつつ「『うわっ、結婚か!』ってなったもん」と名前が出た時は最初結婚のニュースかと思ったと明かしつつ、「結婚じゃない!ってなったら、ビックリしちゃって」と振り返った。

 矢作は「所得隠しとか、はあ?ってなって。会社作ったりとか、同じだから」と自身も同じように会社を作っていることを明かし、「意味が分からなくて、申告してないことが…」と首をひねった。最初は「税理士がお願いされてたのに、お金を国に納めてなくて、それで逃げたんだよ。だって、税理士でお金払わないなんて、普通に考えてありえないよ」って税理士にだまされたと思ったというものの、「ちょっと待ってよ…って。よく考えたらちゃんとお金払った、と。追徴課税で払ったってことは、ああ、認めてんのか…ってなって余計パニックよ。意味が分かんない」と苦笑するばかり。

 小木も「ありえないよ、こういうことってね、会社持ってる人なんか特に…」「よく分かんない」と理解できない様子。矢作も「そしたら本当にあるんだ…みたいな」と記者会見などを見て、ようやく事態を把握したという。「想像の上行ったよね。それぐらいの感想…」と矢作。小木も「上行ったね。こういうことあるんだ、みたいな。ちょっとだからよく分からないよね」と驚きを隠せなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月25日のニュース