フジ チュート徳井番組出演は「検討中」 「テラスハウス」など2番組に出演

[ 2019年10月25日 15:24 ]

フジテレビ社屋
Photo By スポニチ

 フジテレビの遠藤龍之介社長(63)が25日、東京・台場の同局で定例会見を行い、7年間で計約1億2000万円の申告漏れを東京国税局から指摘されたことを明らかになったお笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44)が出演する番組について「事実関係を確認したうえで判断したい」とした。

 問題発覚後、CMの差し替えやイベント出演中止など、問題は波及。徳井はテレビでも現在、10本以上レギュラー番組を抱える超売れっ子。同局でも「テラスハウスTOKYO 2019-2020」(月曜深夜)、チュートリアルとして出演する「乃木坂46のザ・ドリームバイト!?働き方改革!夢への挑戦!?」(火曜後11・30)にレギュラー出演している。

 この件について聞かれた編成担当の石原隆取締役は「会見があり、新しい事実がでてきている」としたうえで「事実関係を確認したうえで、私どものレギュラー番組2つについては来週の放送は検討中です」と説明。「事実関係をちゃんと確認したうえで判断したい」とした。レギュラー番組以外で徳井の出演予定の番組はないという。

 今回の一件について所見を聞かれた遠藤社長は「刻々といろいろな情報が出てきている事件ですから、検討中ですが」としつつ「出役の方はお客さまに夢を与える存在であるので、ご本人もルーズだとおっしゃってましたけど、こういうことはきちんとしていただきたいし、していだたきたかった」とした。

 徳井を巡っては、自身が2009年に設立した会社「チューリップ」を通じてギャラを受け取る際、個人的な旅行代や洋服代などを経費として計上したり、16~18年は一切所得を申告していなかったことが判明。23日深夜に釈明会見し「原因は私のだらしなさ、ルーズさ」と悪質性を否定した。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月25日のニュース