成田凌、弁士役「練習は地獄のようでした」 浅草寺で映画「カツベン!」ヒット祈願

[ 2019年10月25日 05:30 ]

映画「カツベン!」の「大ヒット出陣式」で法被を託す周防正行監督(右)と着用した成田凌
Photo By スポニチ

 周防正行監督(62)と成田凌(25)が24日、東京都台東区の浅草寺で映画「カツベン!」の大ヒット祈願を行った。

 敷地内には徳川夢声ら104人の弁士を記念した映画弁士塚がある。周防監督は6月13日の北海道からキャンペーンで全国を回り、この日の浅草寺で47都道府県を完全制覇し「日本映画の出発点を支えてくれた方々に改めて感謝したい」としみじみ。成田は「(弁士の)練習は地獄のようでしたが、古舘伊知郎さんが褒めてくださったと聞いてうれしい」と笑顔。12月13日公開。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月25日のニュース