志らく 日韓関係の改善について「文在寅大統領がおやめにならないと無理」

[ 2019年10月25日 11:01 ]

落語家の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(56)が25日、コメンテーターを務めるTBSの情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に生出演。安倍晋三首相が24日に韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相と官邸で会談したことに言及した。

 安倍首相は、最大の懸案である元徴用工訴訟問題を巡り「国と国との約束を順守することにより、健全な日韓関係に戻すきっかけをつくってもらいたい」と要求した。韓国が日韓請求権協定を一方的に破っているとの立場に基づく発言。李氏は韓国は協定を守っていると主張し、平行線に終わった。李氏は文在寅大統領の親書を手渡し、対話継続の重要性では一致した。

 志らくは、日韓関係の改善について「文在寅(ムン・ジェイン)大統領がおやめにならないともう無理なんじゃないですか、今の状況だとね」と指摘。MCの恵俊彰(54)が「あと2年半任期がある」と言うと、「そこまで少しでも良くなればいいんだけど」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月25日のニュース