坂上忍 節税のはずが3年間も無申告…チュート徳井に「その感覚が分からない」

[ 2019年10月25日 13:08 ]

俳優の坂上忍
Photo By スポニチ

 チュートリアルの徳井義実(44)が7年間で計約1億2000万円の申告漏れを東京国税局から指摘された問題について、俳優の坂上忍(52)が25日、MCを務めるフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で「納税をしないという感覚が分からない」と言及した。

 確定申告を「ルーズさ」から先延ばしにしてきたと主張する徳井が23日の記者会見で、「税理士さんの方から『じゃあ、もう来年まとめて申告しましょう』『去年も払っていませんし、今年はしっかりやりましょうね』と連絡をいただいていた」と語った点を疑問視。税理士とのやり取りについて首を傾げた。

 徳井が自身の事務所を設立する際に、「恐らく(タレント仲間の)先輩とかから、『それだけ仕事しているんだったら、会社を立ち上げた方がいいよ』ってアドバイスもらって、『周りにならって会社を立ち上げた』って会見でおっしゃっているわけですよ。で、その意味合いって、そこには絶対に節税対策ってアドバイスがないわけはない」と指摘。

 「(個人の)会社を立ち上げるっていうことは、いろんな意味があるんだけど、節税っていうのが入っているわけじゃないですか。にもかかわらず納税をしないというね、その感覚が分からない」とあきれた。

 「だらしなさ」「ルーズさ」を主張して故意ではなかったと強調する徳井に対して、「みんな忙しい中、ちゃんとやってますからね。自分で(確定申告も)出来ないなら、経理の方を雇うなり、しなきゃいけないことがあるわけで」とも付け加えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月25日のニュース