溝口紀子氏 園児叩き逮捕の保育園副園長に「ブラック保育園…保育士資格はく奪でいい」

[ 2019年10月25日 14:36 ]

溝口紀子氏
Photo By スポニチ

 1992年バルセロナ五輪柔道女子銀メダリストで日本女子体育大学教授の溝口紀子氏(47)が25日、コメンテーターを務めるTBSの情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に生出演。福岡県宗像市の私立保育園で、男児(6)の顔面を叩いて全治約2週間のけがを負わせたとして県警が傷害容疑で副園長で保育士の女(40)を逮捕したことに言及した。

 県警によると、男児に「ブリッジ歩き」をさせているときに叩いたとみられる。副園長は「泣いていたので、励ますために両頬にタッチするように触れただけだ」と否認。宗像市は、保護者から副園長の暴力や指導に関する相談が2016年から計11件寄せられていたと明らかにしている。今年に入ってからは逮捕容疑の他に、別の園児の保護者から「肩や頭を押されて口の中をけがした」と相談があり、市と県が園長に改善を求め口頭で指導していた。

 溝口氏は「ブラック保育園ですよね。数年間でたくさんの先生(保育士)がおやめになるくらい労働環境も悪かったろうし、保育士資格はく奪でいいんじゃないかと思う。そうしないと不適切だと思いますから」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月25日のニュース