小嶺麗奈被告が保釈 湾岸署裏口から車で 姿見せず“無言”

[ 2019年6月7日 19:05 ]

小嶺麗奈被告
Photo By スポニチ

 アイドルグループ「KAT―TUN」の元メンバー・田口淳之介被告(33)と共に大麻取締法違反(所持)の罪で起訴された女優の小嶺麗奈被告(38)が7日午後7時5分、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。

 約100人の報道陣が集まる中、地下から現れた黒いワンボックスカーに乗り、同署裏口から出発した。後部座席は仕切られ、小嶺被告の姿は見えず“無言”。

 東京地検が5日に両被告を起訴。小嶺被告については6日、東京地裁が保釈を認める決定をした。保釈保証金は300万円。

 2人は5月22日、一緒に住んでいた東京都世田谷区のマンションで乾燥大麻数グラムを所持したとして、関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕され、同日夜、別々の車で湾岸署に移送されていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月7日のニュース