那須川天心 TDSデートで急に冷めた彼女の言葉「全部可愛いと思ってんのか」

[ 2019年6月7日 21:02 ]

格闘家の那須川天心
Photo By スポニチ

 天才キックボクサー、那須川天心(20)が7日放送の関西テレビ「怪傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演、「ぶりっ子が好きじゃない」と女性のタイプについて語った。

 公式戦35連勝中、しかも大半がド派手なKO勝ちだが、司会の上沼恵美子(64)から「すごく可愛い顔している。強そうにみえない」と、リング上と素顔のギャップを指摘されると、「スイッチが入ると変わる。(リングでは)殺すつもりで戦っている」と天心。「きょうはスイッチ入れんといてな。殺すなら…梶原君を」と上沼はひな壇の「キングコング」梶原雄太(38)を名指しし、笑いを誘った。

 トークで、天心は「高校生のときに付き合っていた彼女がいた」と告白し、2人で「ディズニーシー」に行ったときのエピソードを語った。上から急降下するアトラクションの順番がくると、彼女は「私、叫び声が可愛くないの」と言ってきた。「ぶりっ子が好きじゃなかった」天心は「あ、そういうことか。(叫び声以外は)全部可愛いと思ってんのか」と急に冷めたという。

 このころは付き合っても「最長3カ月とか…。もう無理と思ったら無理だった」と振り返った。

 一方で、「今は長く続いていて…2年半くらい」と昨年、熱愛を認めた総合格闘家、浅倉カンナ(21)の順調交際を明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月7日のニュース